ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

国民年金保険料追納制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月30日更新

 保険料納付の免除あるいは猶予の承認を受けた期間、また学生納付特例期間の保険料は、10年以内であればさかのぼって納めることができます。これを「追納」といいます。
 免除等の承認を受けていた期間の追納をすることにより、老齢基礎年金の年金額を増額することができます。経済的に余裕ができて、保険料を納められるようになったときに、計画的に追納することをお勧めします。
 ただし、保険料の免除若しくは納付猶予を受けた期間の翌年度から起算して、3年度目以降に保険料を追納する場合には、承認を受けた当時の保険料額に経過期間に応じた加算額が上乗せされます。
 納付期限や保険料額など 詳しくは、新さっぽろ年金事務所(札幌市厚別区厚別中央2条6-4-30、電話/011-892-9316)にお尋ねください。