ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

国民年金に加入する人

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月29日更新

 日本国内に住所のある20歳以上60歳未満の人は、必ず国民年金に加入しなければなりません。ただし、会社員などの厚生年金保険加入者や、公務員などの共済年金に加入している方については、職場の担当者が届け出手続きを行うので、自分で届け出る必要はありません。 

 

加入者の種類

 国民年金では、被保険者の種類が3つあります。20歳以上60歳未満の方は必ずいずれかの被保険者になります。

種類加入者・加入の仕方保険料の額・納め方
第1号被保険者
  • 加入の対象は、日本に住んでいる20歳以上60歳未満の自営業・農業・林業・漁業・学生・自由業・無職の方、および会社員などで厚生年金や共済年金などに加入していない方です。
  • 住所や氏名等の異動の届け出や保険料納付は自分で行ってください。

 

[ 任意加入被保険者 ]

 年金額を増やしたい人や、年金を受ける資格期間が足りない人は、希望すれば加入できますのでご相談ください。

  1. 日本国内に住む60歳未満で老齢(退職)年金を受けている人
  2. 日本国内に住む60歳以上65歳未満の人
  3. 外国に住んでいる20歳以上65歳未満の日本人
  4. 昭和40年4月1日以前に生まれた、受給資格のない65歳以上70歳未満の人
  1. 日本年金機構から送られる「納付案内書」により金融機関、コンビニエンスストアで納める。
  2. 預貯金の口座から「口座振替」で毎月自動的に引き落としする。
  3. クレジットカード会社の立替払いで納付する。

〈 平成29年度保険料 〉
 定額保険料 1か月:16,490円
 付加保険料 1か月:400円

 

参考ページ:国民年金保険料のお支払い方法は

 

 

第2号被保険者
  • 加入の対象は、会社員などの厚生年金保険加入者や、公務員などの共済年金に加入している方です。(原則65歳未満)
  • 加入の届け出は勤務先事業主が行うので、自分で届け出る必要はありません。
保険料は毎月の給料から天引きされています。
第3号被保険者
  • 加入の対象は、第2号被保険者に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者です。
  • 加入の届け出については、配偶者が自分の勤務先に提出する「健康保険被扶養者(異動)届」に届け出内容が含まれていますので、自分で届け出る必要はありません。
第2号被保険者が加入している年金制度で負担されるため個別に保険料を納める必要はありません。

 会社員や公務員の配偶者でも、自分で事業を営んでいたり、パート勤めをして一定額以上の収入がある場合は、第1号被保険者になります。