ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織・課名でさがす > 企画課 > 北海道179市町村応援大使プロジェクト

北海道179市町村応援大使プロジェクト

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年12月4日更新

大引選手とミチェル・アブレイユ選手

 全道の市町村を北海道日本ハムファイターズの選手が応援する企画で、2014年は大引選手とアブレイユ選手が江別市応援大使として地域活性化のお手伝いをしてくれています。
 今年1年間、市民との交流や江別市の魅力発信等、様々な企画が行われます。

2014年江別市応援大使の活動

  これまでの応援大使の活動です。

 

関連プロジェクト

『WE LOVE HOKKAIDO シリーズ 2015』を応援しよう!!

 江別市は、2014年に北海道179市町村応援大使プロジェクトに選ばれ、1年間様々なイベントが行われました。

 そのお礼として、6月29日(月)~7月12日(日)の期間中、一部の市職員が、札幌ドームで行われる4試合で来場者全員にプレゼントされる『EZOlutionラベンダー(エゾリューション・ラベンダー)』限定ユニホームを着用し、『WE LOVE HOKKAIDO シリーズ 2015』を応援します。

 ぜひ、みなさんで一緒にファイターズを応援して、盛り上げていきましょう!

 ※詳細は、下記チラシまたはファイターズ公式ホームページをご覧ください。

 WE LOVE HOKKAIDO シリーズ チラシ [PDFファイル/377KB]

 ヒーロー賞

 ファイターズが勝利した際に、2014年応援大使対象18市町村よりヒーロー賞の選手に賞品を贈っています。
 これまでに、4月10日のヒーロー賞として矢貫選手と西川選手に、5月31日のヒーロー賞としてミランダ選手に、江別の特産品を贈っています。

 市町村CM

 札幌ドームでの試合開始前に、大型ビジョンに18市町村のCMが放映されています。
  (今年はすでに終了しましたが、球団のホームページでもご覧いただけます。)

関連リンク

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。