ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市の概要 > 統計情報 > 全国家計構造調査を実施します

全国家計構造調査を実施します

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月26日更新

調査の概要

 この調査は、国民の生活を所得、消費、資産の側面から総合的に把握することを目的に、国の基幹統計として5年に一度行われる重要な調査です。
 調査結果は、年金額の検討や生活保護の扶助額基準の検討など、国や地方自治体が行なう消費者の生活に関連のある施策の基礎資料として用いられます。
 世帯構成などを調査する世帯票と年収や貯蓄状況を調査する年収・貯蓄等調査票を提出していただく「簡易調査」と、世帯票、年収・貯蓄等調査票に加え、10月、11月の2ヶ月間家計簿を書いていただく「基本調査」の2種類を実施します。

調査対象地区

 野幌代々木町の一部、文京台南町の一部(基本調査、簡易調査それぞれ12世帯ずつ計48世帯)

調査の流れ

基本調査
 8月に、調査員が調査対象地区を訪問して世帯人数などを確認し、調査世帯を抽出
 9月に、抽出された対象世帯を再訪問し調査依頼
 10月に世帯票、11月に10月分家計簿及び年収・貯蓄等調査票、12月に11月分家計簿の提出

簡易調査
 9月下旬から10月上旬に、調査員が調査対象地区を訪問して世帯人数などを確認し、調査世帯を抽出
 10月中旬から下旬に、抽出された対象世帯を再訪問し調査依頼
 11月に、世帯票及び年収・貯蓄等調査票を郵送提出

※ 調査票を配布・回収する調査員は、「調査員証」を携行しています。
  調査内容は統計法の規定により適正に管理され、秘密の保護には万全を期しています。

問合せ

  コールセンター電話番号:0570-55-0852
  受付時間は午前8時から午後10時(土日祝日もご利用できます)
 ※ 携帯電話・PHS・一部のIP電話などからは、03-6626-0960におかけください。

関連リンク

 総務省統計局のページ