ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 自然・環境・公園 > 環境学習 > 平成29年度の「出前環境学校」を実施しています

平成29年度の「出前環境学校」を実施しています

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月15日更新

 「出前環境学校」は、江別市環境教育活動推進員の活動として、江別市内の放課後児童会などの施設に通う児童を対象に環境学習プログラム(ゲーム・クイズなど)を実施し、活動を通して環境にやさしい行動のきっかけづくりを応援しようとするもので、NPO法人えべつ協働ねっとわーくが市から委託を受けて実施しています。

  今年度のプログラムは、「いのちの水」というテーマで、うっかり飲みかけの牛乳を排水口に流してしまいそうになった、主人公の「海(かい)くん」が日常生活の中で水がきれいになる仕組みを「みずたくんと仲間たち」から教わり、ヨゴレの大好きな油まみれの「ギトギトさん」から水を守るというお話の紙芝居を皆で見てもらいます。

 その後、「地球上の限られた大切な水をこれからも使うためにどうしたらいいか?」をテーマに、皆でクイズをしながら、水の大切さや環境汚染について学んでもらう構成になっています。

 1 mizuta      

 gito    

 クイズタイムでは、グループに分かれて、ゴミだらけの川がきれいになるよう、みんなで水に関連する○×クイズにチャレンジします。クイズの内容は普段の生活に関連する内容もあり、児童たちは真剣に問題カードを読んで答えていきます。

    paneru zagaku  sisetu

    クイズ   Q  game2

 クイズに正解すると1枚ずつカードを張り付けていき、全部正解すると、ゴミだらけの川がきれいな川へと生まれ変わります。

   前 ya 後     

  最後に、水や環境のことをたくさん学んだ児童たちに、これからも水を大切にしてほしいというメッセージが入った「みずたくんとなかまたちのメダル」が贈られます。

    メダル授与  メダル

  今年度の出前環境学校は市内児童センター、児童会など15の児童施設で実施します。