ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 観光情報 > イベント > > 第22回えべつ環境広場2012が開催されました
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 自然・環境・公園 > 環境学習 > 第22回えべつ環境広場2012が開催されました

第22回えべつ環境広場2012が開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月30日更新

 えべつ地球温暖化対策地域協議会が主催し、江別市が共催している「えべつ環境広場2012」が6月23日(土曜日)、24日(日曜日)の2日間開催されました。

 この環境広場は、市内で環境に関する活動を行っている団体が江別市と連携しながら、環境についての情報提供を行ったり、来場者と一緒に考えたりする場として1991年に始まり、今年で22回目を迎えました。

 今年は国連持続可能な開発会議(リオ+20)の開催にちなんで「えべつの20年後を考えよう!」をテーマに開催されました。

環境広場の写真1

 環境問題屋台村では、環境団体や大学・高校など様々な出展団体がそれぞれ趣向を凝らした展示を行いました。
来場者は足を止めて、展示物を眺めながら担当者からの説明に聞き入っていました。

環境広場の写真2

 この他、「地球温暖化ってなあに?」や、「紙すき体験」(王子特殊紙(株)江別工場)、小麦粘土コーナーなど様々な体験型イベントが開催され、来場者は楽しみながら環境やエネルギーについて学んでいました。

環境広場の写真3

 また、会場内ではスタンプラリーが行われました。
イベントなどに参加してスタンプを3つ以上集めたら、抽選会に参加できます。抽選会では、当選番号が読み上げられる度に、一喜一憂する声が上がり、当選者は笑顔でエコグッズなどの景品を受け取っていました。

 この他、映画「森聞き」が23日に2回上映、24日には2050年委員会主宰 渡辺保史さんを迎えシンポジウム「これからの江別の話をしよう」など様々な催しが行われました。

 「えべつ環境広場」は、環境月間である6月に毎年開催しています。来年度以降も楽しいイベントを用意したいと思っておりますので、たくさんの来場者を心よりお待ちしております。