ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 自然・環境・公園 > 環境対策・保全 > 「無料省エネ診断」を受診してみませんか

「無料省エネ診断」を受診してみませんか

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月30日更新

 一般財団法人省エネルギーセンターでは、経済産業省の補助を受け、ビルや工場の省エネルギー診断を「無料」で実施しています。
 診断を申し込み、採択されると、省エネの専門家が1日現地を調査し、省エネに関する報告書を作成していただけます。
 診断には、熱と電気の専門家が派遣され、空調・換気・冷凍機・ボイラー・給湯・受配電・照明など、事業所内のあらゆるエネルギー関連設備を対象に実施します。

 内部では気が付かなかった省エネのやり方や省エネ機器の導入についてアドバイスがいただけますので、「省エネをより一層進めたいが、どこから手を付ければ良いか分からない・・・。」「費用対効果が見えにくく、踏み切れない・・・。」という悩みをお抱えの事業者の皆様、受診をご検討されてはいかがですか?

どのような診断内容?

申し込みできる事業所

 原則として年間のエネルギー使用量(原油換算)が100キロリットル~1,500キロリットル未満のビル・工場など
(原油換算100キロリットル/年は電気・ガス・燃料費合計で600万円/年・程度です。ご不明な点は省エネルギーセンター北海道支部にご相談下さい)

採択から診断員の派遣

 申し込みの採択後、センターの事前調査書用紙に、月々のエネルギー使用量やボイラー・空調機器などの設備概要を記入・提出いただきます。
 その後、日程を調整し、診断員を派遣します。

診断から診断報告書

 診断は、1日の簡易診断で、午前にヒアリング、午後に設備調査が行われ、主に現有設備の運用改善による「費用を掛けない省エネ」や、実施可能な「設備更新による省エネ」が、報告書にまとめて提出されます。
 また、報告書には、「設備更新等による自己投資額⇔年間の省エネルギー効果(使用料金削減額)との対比」も示されるので、費用対効果も明確になります。

江別市役所も省エネ診断を受診しています

 江別市役所では、平成22年度から省エネ診断を受診しています。
 診断報告書では、ポンプ、ファン、照明のインバータ化や使用方法の一層の適正化の提案を受け、省エネ設備の新設・更新などに伴う投資額を削減額で回収できる時期(期間)や、省エネ率(削減率)がどの程度であるとのアドバイスを受け、公共施設の省エネ化に向けた検討資料としています。

詳細・お問合せ先

一般財団法人 省エネルギーセンター北海道支部 担当:工藤
〒060-0001  札幌市中央区北1条西2丁目 北海道経済センタービル6F
電話番号:011-271-4028  
Fax番号:011-222-4634
ホームページURL  http://www.eccj.or.jp