ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ヒグマの出没に注意してください

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月30日更新

ヒグマの出没に注意

 北海道には多くの地域にヒグマが生息しているため、山菜採りや釣りなどで野山に入る際には、事前に関係機関の出没情報を確認するなど十分に注意してください。
 また、ヒグマは通常冬には冬眠しますが、まれに初冬でも活動が確認されています。歩くスキーや野鳥観察などの際にも注意が必要です。

  • ヒグマの誘因物となる生ゴミなどの管理を徹底しましょう。
  • 歩くスキーや野鳥観察などで野山に入る際には、ヒグマの冬眠期間であっても、極力単独行動をしないで、鈴などの鳴り物を携行するなど、十分注意しましょう。

<参考>

冬期間に冬眠しないヒグマについては、専門家から次のような説があげられています。

  1. ドングリなど山の実なりが不作などの理由で冬眠に必要な栄養を蓄えられていないため、冬眠できない場合がある。
  2. 道東においては、エゾシカの残渣(ざんさ)などのエサがある場合、冬眠しない場合がある。

北海道自然環境課「ヒグマの保護管理」のページ