ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 自然・環境・公園 > 環境学習 > 平成22年度「出前環境学校」を実施しました

平成22年度「出前環境学校」を実施しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月30日更新

 平成21年度より、市内の児童センターを中心に「夏休み出前環境学校」を開催しています。北海道環境財団の「地球温暖化ふせぎ隊」プログラムを利用したもので、2年目の平成22年度は、ごみの分別やリサイクルと温暖化の関係をゲームやクイズで学んだほか、水を大切にすることでエネルギーも抑えられることを学びました。7月8日から9月3日にかけて、児童会・児童センター・公民館・体育施設・大型スーパー・小学校などで34回開催し、延べ886人の参加を得ました。

 8月31日(火曜日)には、江別第三小学校6年生43名が環境学習に取り組みました。
 地球温暖化ふせぎ隊の隊員に、地球の温暖化について学んだ後、「水の循環」(水は色々なところを循環していること、私たちが利用することができる水は少ないということ、水の貴重さ、大切さを確認する)と「水辺のいきもの」(エコに関するクイズに答えて、水をきれいにするゲーム)の2つのプログラムに取り組みました。

 子どもたちは、みんなで話し合い、協力してクイズに答えて、水をきれいにしていきました。
温暖化が私たちの暮らしにいろいろなところから影響してくるなど、初めて知ることもおおく、大変勉強になりました。

◇感想

子どもたちからは、「これからは、もっとリサイクルをしたいです」、「使えるものは最後まで使って、エコを心がけたいです!!」、「教えてくださったことをみならって、温暖化を少しでも減らせるように努力したいと思います。」などの感想が寄せられました。

 第三小学校の6年生のみんなは、このほかにもエコチャレンジートにも取り組み、しっかり地球温暖化防止&エコについて学習しました。
 「夏休み出前環境学校」は平成23年度にも行う予定です。

夏休み出前環境学校の写真その1
地球温暖化ふせぎ隊の質問にみんな積極的に発言しました

夏休み出前環境学校の写真その2
みんな環境問題について、関心が高いようです。

夏休み出前環境学校の写真その3
みんなで考えて、エコクイズに答えました。

夏休み出前環境学校の写真その4
やったー水がきれいになった!