ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営 > 計画・施策 > 環境マネジメントシステムとは

環境マネジメントシステムとは

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月30日更新

 今日の環境問題は、かつての公害問題とは異なり、大量生産、大量消費、大量廃棄型の社会経済活動に伴う環境への負荷がその大きな要因を占めています。

 これらの環境問題に対処するためには、汚染源の排出量を規制するといった従来の方法に加えて、市民、事業者、行政がそれぞれの立場で自らの行動を見直し、環境に配慮した行動を実践していくことが求められています。
環境マネジメントシステム(EMS:Environmental Management System)は、企業や自治体などの組織が、経営方針の中に環境方針を採り入れ、その方針に基づいて実行計画を立て、環境に配慮した行動を組織的に取り組むための経営管理(マネジメント)システムです。

 組織の活動、製品またはサービスに伴い発生する環境負荷や事故などのリスクを低減・予防するため、自らが目標を設定して、環境方針を定め、それを達成するための計画(Plan)を策定し、実施運用(Do)し、その結果を点検(Check)し、見直し(Action)する「PDCAサイクル」を組織の経営管理システムとして継続的に実践することにより、より質の高いシステムを構築することが可能となります。

PDCAサイクルの概念図

図表 PDCAサイクルの概念図

「環境マネジメントシステム」構築のメリット

  •  企業イメージの向上
  •  コストの削減
  •  環境問題への迅速な対応による環境リスクの回避
  •  地域社会との良好な関係維持
  •  グリーン購入などの意識向上等

「環境マネジメントシステム」構築の手順

環境影響調査
下矢印 

環境側面、法規制等の調査・登録
環境側面の見直し

  • 市の事務事業が環境へどの様な影響を与えているかを調査します。
環境影響評価の実施

目的、目標設定を考慮した評価

  • 影響評価や効果の大きいものを評価します。
   
下矢印
目的・目標の設定

実現を図るべき目的・目標を設定

  • 省エネ、省資源、廃棄物削減、再使用などを考えていきます。
   
下矢印
プログラムの作成

部門ごとの実行計画(プログラム)の作成

  • その目的・目標を実現するためのプログラムを作ります。
  • 責任者、実行項目、日程を決めます。(例えば、環境活動推進員(課長)を責任者として、日常の照明の実行項目など具体的な実施事項などのプログラムをまとめます。)
   
下矢印
EMS文書の作成
下矢印

運用手順書、法的要求事項等遵守状況監視測定計画書などを作成

  • 電気使用量の削減の具体的方法など、プログラム実行に必要な手順などを定めた文書を作成します。
  • 法規制などの遵守状況を監視測定するための計画を作成します
EMSの実行
下矢印

実行と不都合な点の修正

  • プログラムを実行し、必要に応じて教育、訓練、意見交換を行います。
  • 実行状況や結果を常時監視して記録を付け、監視した結果、思ったより取組みが進まない状況があれば、当初目的を達成できるように「取組み方」を修正します。
内部監査の実施

内部監査とシステムの修正

   
下矢印
経営層を見直し、EMSを繰り返す
イメージ画像

次ページへ(江別市の環境マネジメントシステムの取組み)