ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営 > 計画・施策 > 平成29年度江別市グリーン購入調達方針
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 自然・環境・公園 > 環境対策・保全 > 平成29年度江別市グリーン購入調達方針

平成29年度江別市グリーン購入調達方針

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月12日更新

 江別市グリーン購入推進基本方針(平成15年4月1日施行。以下「基本方針」という。)に基づき、平成29年度江別市グリーン購入調達方針(以下「調達方針」という。)を次のとおり定める。

平成29年6月5日
江別市長  三好 昇

1.特定調達物品等の種類、調達目標

特定調達物品等の種類、調達目標は別表1 [PDFファイル/244KB]のとおりとする。

2.特定調達物品等の調達方法等

特定調達物品等を調達する際には、次に適合するもの(以下「適合物品等」という。)を選択するものとする。

  1. 国が定めた「環境物品等の推進に関する基本方針」の判断基準に準じることを原則とする。
  2. エコマークなどの第三者機関や業界団体等が認定した環境ラベルを付けられたものは、適合物品として取り扱う。(別紙環境ラベル一覧参照)
  3. グリーン購入ネットワークの情報やカタログ等を参考にし、適合物品等を選択すること。
  4. 特定調達物品等に該当するもので、「やむを得ない理由」により適合物品等を選択できない場合は、その理由を明確にしておくこと。

(1) 「やむを得ない理由」とは、次の場合をいう。

  • イ 要求する品質・規格に適合する特定調達物品等が製造されていない場合
  • ロ 商品の在庫がなく、納入期限に間に合わない場合
  • ハ 価格が割高であり、予算上の制約を受ける場合

(2) (1)で掲げた「やむを得ない理由」以外で非適合物品等を選択した場合も、その理由を明確にしておくこと。

3.配慮事項

  1. 特定調達物品等以外の物品等を調達する場合は、基本方針の2-1の判断基準に基づき、調達物品等の選択に努めるものとする。
  2. 上記2各項に示す判断基準等は、調達の推進にあたっての一つの目安を示すものであり、出来る限り環境への負荷の少ない物品等の調達に努めるものとすること。

4.グリーン購入実績の報告

  1. 報告方法
    各課等の物品管理者は、別紙により特定調達物品等の調達実績を半期ごとに取りまとめし、生活環境部環境室環境課に報告するものとする。なお、報告の提出期限は、上半期分は10月13日(金)、下半期分は4月13日(金)とする。
  2. 報告対象物品
    別表1 [PDFファイル/244KB]に掲げる対象品目のうち、報告対象欄に「○印」のある物品等について集計・報告するものとする。

5.その他

  1. 本調達方針は、平成29年4月1日以降の物品等の調達から適用する。

<参考>
 「グリーン購入ネットワーク(GPN)」の適合品データベース
 http://www.gpn.jp/econet

  「環境ラベルデータベース(環境省)
  http://www.env.go.jp/policy/hozen/green/ecolabel/f01.html

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。