ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織・課名でさがす > 環境室環境課 > 「フロン排出抑制法」が施行されています

「フロン排出抑制法」が施行されています

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月14日更新

 オゾン層の破壊と地球温暖化の原因となるフロン類の排出抑制を一層強化するため、「フロン排出抑制法」(改正フロン法)が平成27年4月1日から施行されています。
 フロン類が冷媒として使用されている業務用冷凍冷蔵・空調機器をお使いの事業者の方に、フロン類の漏えい防止のための適切な処置、点検、故障時の迅速な修理などが義務づけられました。また、一定規模以上の機器については十分な知見を有する者による定期点検が必要になりました。(詳細下図)

 事業者の皆さまは、管理義務や対象機器について確認をお願いいたします。

 ※なお、この法律は特定フロン・代替フロン両方が対象です。

【管理義務等の内容】

義務

フロン排出抑制法 図解編 [PDFファイル/153KB]

【定期点検義務対象機器】

機器

【制度の詳細について(下記を参照/お問い合わせください)】

環境省HP(http://www.env.go.jp/seisaku/list/ozone.html

北海道石狩振興局環境生活課(011-204-5822)
北海道環境生活部環境局低炭素社会推進室(011-204-5190)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。