ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織・課名でさがす > 健康推進室保健センター > 新型コロナウイルスに関連した肺炎に関する注意喚起

新型コロナウイルスに関連した肺炎に関する注意喚起

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年2月19日更新

新型コロナウイルスに関連した注意喚起/北海道内での発生について


 令和2年2月17日に、北海道庁から道内2例目の新型コロナウイルスに関連した患者が、石狩振興局管内在住の50代の自営業男性であることが発表され、同月19日には道内3例目、4例目の感染が報道されています。

 江別市民の皆様におかれましては、咳エチケット、手洗い・うがい、マスクの着用等による、通常の感染症対策を引き続き励行ください。

 なお、病院受診や相談先については、引き続き以下のページからご確認ください。

 

新型コロナウイルス感染症とは(厚生労働省の資料から)

厚生労働省資料から

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安

 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録し、次の症状がある江別市民の方は、北海道江別保健所(帰国者・接触者相談センター/011-383-2111)にご相談ください。

●風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている
 (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)

●強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

  ※高齢者や基礎疾患のある方は、上の状態が2日程度続く場合
  ※妊婦の方については、念のため高齢者や基礎疾患のある方と同様に、早めにご相談ください。

⇒保健所(相談センター)でのご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いがある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。受診の際には、マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けてください。
 

 ほか、上記に該当しない方や、湖北省・浙江省への渡航歴がない方等は、お近くの医療機関を受診してください。

 

感染を予防するために注意すべきこと

 まずは、石けんやアルコール消毒液などによる手洗いを行ってください

 咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手でおさえると、その手で触ったドアノブなど周囲のものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他者に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。特に電車や職場、学校など人が集まるところで行うことが重要です。

 また、持病がある方などは、上記に加えて、公共交通機関や人混みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。

 多くの方が集まるイベントや行事等に参加される場合も、お一人お一人が咳エチケットや頻繁な手洗いの実施を心がけ、感染を予防しましょう。

咳エチケットとは?(厚生労働省資料) [PDFファイル/692KB]

 

各種の相談先

新型コロナウイルスに関する一般相談先

○厚生労働省電話相談窓口(フリーダイヤル):0120-565653(9時00分から21時00分まで)
 
 ※聴覚に障害のある方をはじめ、電話での御相談が難しい方に向けて、
   厚生労働省ではFax(03-3595-2756)でも受付をしています。

○北海道江別保健所:011-383-2111【平日8時45分~17時30分】

新型コロナウイルス感染症の感染が疑われる場合の相談先

○帰国者・接触者相談センター(北海道江別保健所):011-383-2111【平日8時45分~17時30分】

○北海道庁 保健福祉部健康安全局地域保健課:011-204-5020【平日17時30分~21時00分/土日祝9時00分~21時00分】

 


関係リンク

厚生労働省のページ(新型コロナウイルス全般)

厚生労働省のページ(新型コロナウイルスに関するQ&A)

北海道のページ(新型コロナウイルスに関連した肺炎について)

国立感染症研究所のページ(中国湖北省武漢市で報告されている新型コロナウイルス関連肺炎に対する対応と院内感染対策)

感染症を防ぐポイント(手洗い・マスク・咳エチケット)(政府広報オンライン)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。