ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康 > 健康維持・増進 > ダニ媒介感染症に注意しましょう

ダニ媒介感染症に注意しましょう

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月7日更新

道内でダニ媒介脳炎の発生が確認されました

 病原体(ウイルス)を保有するマダニに咬まれることで、ダニ媒介脳炎などの感染症にかかることがあります。

 平成30年5月には、旭川市で国内5例目のダニ媒介脳炎の発生が確認されていますので、登山やキャンプなどで屋外で活動される方は、以下の点に注意してください。

マダニに咬まれないようにすることが最も重要です!

・草の茂ったマダニの生息する場所に入る場合には、長袖、長ズボンを着用し、サンダルのような肌を露出するようなものは履かないようにしましょう。(帽子や手袋の着用、首にタオルを巻くことなども効果的です)

・虫よけ(忌避剤)の併用も効果が期待できます。

マダニに咬まれてしまったら

・マダニが咬みついたまま皮膚から離れていない場合、無理に自分で引っ張ったりせずに、皮膚科などでマダニの頭部が残らないように除去してもらうことが重要です。

・マダニに咬まれてから数週間程度は体の変化に注意しましょう。

・発熱などの症状が認められた場合は医療機関を受診しましょう。

関連情報

ダニ媒介脳炎について(厚生労働省)

ダニ媒介感染症について(厚生労働省)