ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 福祉・介護 > 障がい者福祉 > 人工透析患者通院交通費助成の申請手続き

人工透析患者通院交通費助成の申請手続き

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月15日更新

 じん臓機能障がいにより身体障害者手帳の交付を受けて在宅で市内に居住しており、人工透析のため、医療機関に通院する方に、初乗り料金(基本料金)に相当するタクシー利用券を交付する制度です。
 利用する本人の年齢に制限はありませんが、施設入所中や病院入院中は利用できません。また、福祉タクシー利用料金助成を受けている方は対象になりません。

受付窓口

 福祉課障がい福祉係(本庁舎西棟1階)
 電話/011‐381-1031
 ファクス/011‐381-1073

受付の曜日・時間帯

 月曜日~金曜日の8時45分~17時15分(祝祭日と年末年始の閉庁期間を除く)

提出・お持ちいただくもの

  1. 交付申請書
  2. 障害者手帳
  3. 印鑑

利用できるタクシー

 札幌ハイヤー事業協同組合加盟各社のタクシーまたは江別市近郊各社の介護タクシー

助成金額

 タクシーの基本料金相当額(初乗り料金)です(一部の会社で初乗り料金が異なります)。

利用方法

 運賃支払いの際、利用券を乗務員にお渡しください(1回に使用できる枚数は1枚です)。
 運賃の総額が上記基本料金相当額を超える場合は、その差額をお支払いください。

その他

 利用券の交付は各年度1冊で、交付枚数は年間最高90枚です(認定月、通院回数によって決定します)。
 紛失や破損した場合、原則再発行はできませんが、未使用が明らかで、汚損等による現物をお持ちいただいた場合のみ再発行が可能です。
 この制度とは別に、タクシー乗車時に身体障害者手帳を提示すれば、利用料金の割引(1割引)を受けることができます。

様式ダウンロード