ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > えべつのじかん

えべつのじかん 江別の交通事情

 

札幌中心には江別が近い!?札幌までJRなら約16分、クルマなら40分

江別で勤務して、江別で暮らして~オンとオフを上手にきりかえることができる。これって、江別だからこそできることかも。

下の写真(江別市空撮)では、江別市のすぐ向こうに札幌の市街地が広がっているのが分かります。

 

えべつの交通トップ1

えべつのじかん交通-2

えべつの交通修正-1 

快適な交通環境

・JR
通勤時間帯にはおよそ10分に1本の列車が運行しています。JR野幌駅から札幌駅までの所用時間は、快速電車で約16分です。
※平日ダイヤの札幌までの片道本数。所要時間は最短の場合。

・車
国道275号を通ると、札幌市中心部まで約40分。千歳空港までは約50分の距離です。

・バス
市内には3社の路線バスが運行しており、市民の大切な足となっています。JRと併用すれば札幌市内へもラクラクです。

 

江別の交通事情 5つの「いいね」

 

1)札幌より近い!?

家を建てる際に札幌の北区エリアと迷ったんですが、会社のある都心部へのアクセスが決め手になりました。隣町のはずなのに、江別のほうがずっと早いですからね。

2)江別に住んでいれば転勤も怖くない!?

JRでもクルマでも、札幌への通勤がラクラク!主要幹線道路が走っていて道央自動車道にも近いので、転勤があっても江別が拠点ならどこからでも帰ってきやすいのがいいね。

3)ちょっと札幌へ。お酒を飲んでも安心です

最新のファッションを見に、札幌駅にはよく行きます。JRを使えばすぐだし、食事のついでにちょっとお酒を飲んでも安心ですよ。

4)座って通勤、快適ですよ

札幌に通勤していますが、江別からだと座ることができ、しかもあっという間に着くので、札幌市内で暮らしていた時よりラクですね。

5)海はないけどビーチは近い

江別市には海はありませんが、道央圏連絡道路(国道337号)を使えば、石狩のビーチまで近い、近い。子どもを連れて泳ぎに行っています。

 

駅中心のまちづくり

江別市では、駅を中心としたまちづくりを進めており、市内で最も市街化が進んだ野幌駅周辺を市街地として位置づけ、函館本線により分断されていた南北の一体化と都市機能の充実のため「江別の顔づくり事業」を行っています。
れんがと緑が調和したグリーンモール整備や都市緑地(鉄道林)の保全のほか、街路灯のLED化やサイクルシェアリングなどを実施し、環境に配慮したまちづくりを行っています。

 

大麻団地エリア

札幌都心に電車で13分という好立地、幼稚園を核とした地域づくりなど、子育て環境が充実している大麻団地エリア。
造成から50年を迎え住み替えなどの取り組みを進めており、若い世代から最注目されています。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。