ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > えべつのじかん

えべつのじかん 江別の教育

 

江別市では、子どもたちの成長期を健全に育むため、学校の内外で独自の取り組みを行っています。
聞く・話す・つくる・食べるなど、あらゆる面から子どもたちを支えていきます。

 

教育1
教育2
教育3
教育4

外国人の先生から学ぶリアル英語

外国人講師による英語活動

江別市の小学校では、1年生からの英語活動を道内でいち早く取り入れました。6名の外国人講師が6年間を通してゲームやクイズ、歌などの英語活動を行います。
子ども達は小さい頃から英語に慣れ親しむことで、外国人と積極的にコミュニケーションを図ろうとする力が育っていると好評です。

 

ICT機器を活用したわかりやすい授業

電子黒板を使った授業

小中学校の全学級に電子黒板があり、あらゆる教科で活用しています。
電子黒板とデジタル教科書を一緒に使い、授業の中でポイントになる内容を目で見て分かりやすいようにしながら授業を進めることで、子どもたちにとってわかりやすい授業を展開しています。

 

複数の教員が手厚く学習をサポート

退職教員などによるサポート

退職教員などの教員免許を持つ学習サポート教員を小中学校に配置。授業中や放課後、長期休業中に子どもたちへの学習をサポートすることで、確かな学力の定着を図っています。

 

悩みや不安を解消する充実のサポート体制

悩みや不安をサポート

全ての小中学校に専門の相談員がおり、子どもや保護者の悩み相談に応じてくれます。
また、教育委員会にも専門知識を持つスタッフがおり、子育ての疑問や子どもの発達への不安を相談できます。
子どもと家庭を支援する充実した環境の中で、学校にはいつも子どもたちの笑顔があふれています。

 

大自然の中で学ぶ学校

野幌小学校

江別市で唯一の特認校である野幌小学校は、大自然の中でのびのびと学ぶ学校です。
大都市近郊の平地原生林としては世界的にも貴重な野幌森林公園の中で授業を行い、自立心を身につけ、心豊かな人間性を育てています。

 

そのほかさまざまな教育支援

 

1)朝の運動プログラム 子どもの体力向上(文京台小学校)

「走る」「跳ぶ」など体を動かす運動遊びを中心としたプログラムを実践することで、あらゆるスポーツや運動の基礎的能力を高める活動を行っています。

 

2)キャンプ場で思い出づくり 青少年キャンプ

夏休み中に、1泊2日のキャンプを実施しています。普段の生活では得られない体験メニューは、子どもたちの心に残る夏の思い出となっています。

 

3)年間約500冊の本を購入 充実した学校図書館

「自ら読んで、進んで調べる」習慣を育てるため、情報図書館司書と連携して興味・関心を高める本を整備しています。各学校で年間500冊の本を新たに購入し、豊かな心を育てています。

 

4)安全・安心な地場産野菜! 給食における地場産野菜の使用

江別市立学校給食センターでは「安全・安心」な給食を提供するため、「江別」で採れる地場産野菜を積極的に食材として使用しています。

 

5)感性をはぐくむ 絵本の読み聞かせ

江別市情報図書館本館と江別・大麻の各分館では、毎週誰でも気軽に参加できるおはなし会を開催しています。

 

6)子どもの感性を育てる さまざまな体験活動

高知県土佐市、米国グレシャム市との交流として、子どもたちの派遣・受け入れを行うほか、森林公園での自然体験などさまざまな体験活動を実践しています。

 

7)学校・家庭・地域が連携して進める特色ある学校づくり

地域の特性を生かして、本の読み聞かせや花壇の整備などを行ったり、水泳やスキーのボランティアと協力し、体力づくりを行うなど、さまざまな事業を実施しています。

 

8)江別の歴史・文化を学ぶ! 子ども学芸員カレッジ

江別市郷土資料館では小学校4~6年生を対象に、5月から11月の土曜日に10回シリーズで、「子ども学芸員カレッジ」を開催。江別の歴史・文化を学びます。

 

9)学校運営をみんなで考える コミュニティスクール!

学校に、保護者や地域住民等で構成する学校運営委員会を設置し、子どもの教育や学校運営に関して話し合うなど、家庭・地域と一体となった学校づくりを行います。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。