ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • えべつのじかん
  • えべつのじかん
1枚目を表示 2枚目を表示

えべつのじかん(江別市の移住情報)

「北海道映像コンテスト2018」地域振興コンテンツ部門「奨励賞」受賞作品

江別市の特徴

江別市の写真

札幌市に隣接する江別市は石狩平野の中央に位置し、全体的に平坦な地形です。北海道の中では、他の地域に比べやや温暖ですが、四季を通じて風は強く、春に吹く南南東の強風が特徴的。積雪は山間部に比べると少なく11月下旬から翌年4月初旬までが降雪期です。

市内には、世界有数の平地原生林が残る道立自然公園野幌森林公園(2,053ha)をはじめとする多くの公園や、一級河川「石狩川」といった豊かな自然環境が広がり、街と調和しています。

また、「れんがの街」としても知られ、現在でも国内屈指の生産地。れんが造りの建物は、その美しく味わい深い赤が冬の白さに際立ちます。

さらに文教都市として、道立図書館、4大学と1短期大学、食品・工業・エネルギー・情報などに関する研究機関が集まっています。

札幌市中心部まではJRで約15分と交通の便もよく、快適なアクセスです。

江別に人が集まる理由

えべつに人が集まる理由

1 札幌にいちばん近いまち

01交通イメージ

職場までアクセスが良いことは絶対条件。 5つのJR駅を中心に住宅街が形成されているので自宅と札幌との行き来は超便利。

札幌市厚別区·東区と隣接していて、特に厚別区の新さっぽろエリアは生活圏内です。札幌と江別の“イイとこ取り"ですね。

2 11年ぶりに人口増!道内7位の都市に

02人口増イメージ

11年ぶりに人口増に転じた江別市(※)。現在は北見市と小樽市を抜いて道内7番目の都市となりました(1位札幌市、2位旭川市、3位函館市、4位苫小牧市、5位釧路市、6位帯広市)。

札幌市のベッドタウンとして、快適で便利な街並み、緑あふれる自然豊かな環境。その両方を兼ね備える点が、主に若い世代から注目されています。

※平成30年5月、住民基本台帳に基づく人口の対前年度比が11年ぶりに増加。

3 地価が手頃だから余裕のプランニング

03住宅イメージ

江別市は、札幌市から連続した住宅街でありながら、札幌市と比べると土地の価格は驚くほど違います。

土地の価格が安い分、家族で旅行に出かけたり、子どもの教育に力を入れたり、広い庭で家庭菜園に熱中したり…。江別市は、やりたかった自分の夢を実現できるまちなんです。

4 全国平均を上回る学力成績

04学習イメージ

全国学力·学習状況調査(H29年)では、市内の中学校における教科別点数が全科目で全道·全国平均を上回っているほか、札幌市とも同レベルの水準です。

また、同調査において、市内の小学校では78%、中学校では、100%が「授業中の私語が少なく落ち着いていると思う」と回答しています(全国平均小学校40%、中学校53%)。

5 充実した幼児教育保育環境と支援体制

05子育てイメージ

江別市は「子育て応援のまち」。市内31か所の教育·保育施設、9つの子育て支援センターやファミリーサポート、病児·病後児保育などの制度が子育てをサポートします。

増え続ける保育需要に対応するため、市では、平成26-30年度の5年間で397名の保育定員を拡大し、子育て支援の充実を図っています。

6 豊かな「食」に囲まれた潤いある生活

06食のイメージ

良質なブランド小麦「ハルユタカ」の産地として知られる江別市ですが、近郊型農業が盛んなのも特徴です。住宅街に隣接している農地は市域の4割も占めています。

いくつもの野菜直売所がすぐそこにあり、朝採り野菜が食卓に並ぶ贅沢が味わえます。
住宅街のいたるところにパン屋さんやカフェが点在し、近年は飲食店の進出も目立っています。

7 大都市近郊に残る貴重な森林

07自然のイメージ

江別市の面積の約10%を占める道立自然公園野幌森林公園は大都市近郊に残る森林として全国的にも貴重な存在。

ここには、都市の喧騒から一転して緑豊かに静ひつな環境が保存されており、自然観察や森林浴に最適。
また、石狩川、千歳川、タ張川などの河川と流域の湖沼は野鳥の営巣や渡り鳥の休憩場所となっています。