ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

夜間の子どもの急病に

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年4月28日更新

 病院に行った方がいいかどうか、判断に迷ったとき。
 自分の知ってる対処法が、正しいかどうか不安なとき。
 身近に相談できる人がいないとき。
 そんなときに、ベテランの看護師が電話で相談をお受けする「小児救急電話相談」があります。不安なとき、困ったときに頼りになるホットラインです。

小児救急電話相談

  • プッシュ回線の固定電話からは、「局番なしの#8000
  • 携帯電話・PHS・ダイヤル回線からは、「011-232-1599(いいこきゅうきゅう)」

開設時間

 毎日、19時00分から23時00分

※電話料金は利用者負担になります。
※電話相談は家庭での一般的対処に関する助言・アドバイスであり、電話による診断・治療はできませんのでご了承ください。
※明らかに重大な場合は(呼吸や心臓が止まっている、事故で大けがをしている)、直ちに119番通報してください。

 受診可能な医療機関情報をお知りになりたい方は、北海道救急医療情報案内センター(電話:0120-20-8699、携帯電話・PHSからは011-221-8699)もご利用いただけます。
 詳細は下のページをご覧ください。