ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

商業等活性化事業 今までに実施している事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月30日更新

今までに実施している事業

1.まちづくりイベント事業

1)まごころ市の開催

 野幌商店街振興組合他が主体となり、平成8年から平成13年まで野幌グリーンモールでフリーマーケットなどを開催する「まごころ市」を行いました。

2)ハロウィン企画の実施

写真 ハロウィン

 野幌商店街振興組合が平成17年から店舗演出のコンテストを行っています。

2.空き店舗活用(市民交流拠点創出)事業

1)ほっとワールドのっぽの開設

写真 ほっとワールドのっぽ 野幌商店街振興組合が主体となり、平成12年に交流活動の拠点として、商店街の空き店舗を活用し、誰でも利用可能な「ほっとワールドのっぽ」をオープンし、地域の主婦などが活動の拠点として利用しています。

2)江別ぶらっとよってけかってけたべてけ屋の開設

写真 江別ぶらっとよってけかってけたべてけ屋 合同会社江別人が主体となり、平成18年に交流活動の拠点として、商店街の空き店舗を活用し、コミュニティ商業賑わい市場として「通称:江別ぶらっと」をオープンしました。入り口、トイレは車椅子対応となっています。

3.市民交流事業

写真 縁側サミット 平成13年から「ほっとワールドのっぽ」で地域の主婦たちが主体となって、毎週月・水・金曜日に「縁側サミット」として、古着物を使ってミニ着物や和の小物などを作る地域交流活動や「月一迷店」といった月一度の会食活動を行ってきました。平成19年からは装いも新たに「のっぽ今昔」として生まれ変わり、地域交流活動を行っています。

4.商店街軒先ジャック事業

写真 商店街軒先ジャック 野幌商店街振興組合が主体となり、平成14年から商店街に不足する業種の誘致や起業を促進するための調査研究をはじめ、商店街の軒先や店頭で個人・サークルなどが創作作品などを販売する地域交流活動を行っています。

5.野幌まちづくり協議会設置事業

写真 野幌まちづくり協議会 地域の商業者やまちづくり活動者、住民などが主体となって、平成15年12月に設置された同協議会において、18年2月までに延べ24回の会議で「野幌のまちづくり」について議論を重ね、「野幌まちづくりにおける活性化」、「コミュニティ等活性化と市民交流施設づくり」、「商業・商店街の活性化」などについて、その基本的な考え方や方向性などをまとめ、協議会として「野幌まちづくり協議会提言報告書」を18年3月に市長へ提言し、協議会としての役割を終えています。

 野幌まちづくり協議会提言報告書はこちらをご覧ください。