ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

商業等活性化事業 今後想定している事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月30日更新

今後、想定している事業は

1.地域交流施設整備事業

 この事業は、野幌駅南口広場隣接地に「出会いと交流・活動拠点」としての施設整備を「江別の顔づくり事業」の進み方と連携しながら行う事業です。
 建設手法などは民間資金の導入なども視野に入れ、今後検討していくことになりますが、施設機能は「野幌まちづくり協議会提言報告書」において、人や情報の交流と市民活動の各拠点機能、民間サービス業導入による商業機能などを兼ね備えたものとして提言されており、それを基に今後検討していくことになります。

2.商業施設集積事業

 民間事業者や地元商業者、地域住民などが主体となり、野幌駅北口広場隣接地に、魅力ある商店を集積し集客の核となる拠点づくりを「江別の顔づくり事業」と連携しながら行い、既存商店との相乗効果を促し利用者を増加させることを目的とした事業です。

3.テナントミックス事業

 地元商業者などが主体となって、野幌8丁目通や旭通などにおいて、新たな集客を図るため、「江別の顔づくり事業」と連携しながら、商店街に不足している業種や業態を積極的に誘致し、魅力ある商店街づくりを行う事業です。

4.商店街ファサード(店構え)整備事業

 8丁目通りの拡幅整備に伴い、沿道の関係事業者などが主体となり、通りに面した店構えなどの改修を行い、商店街としてのイメージアップを行う事業です。