ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

土地区画整理事業説明会(平成18年8月2日 その1)

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月30日更新

 野幌公民館ホールで開催された野幌駅周辺土地区画整理事業説明会の概要をお知らせします。

 説明会の出席状況

説明会の出席状況 今回の説明会には、52名の方が出席されました。
 なお、地権者(地区内の土地所有者及び借地権者)の方の出席状況につきましては、地権者総数103名のうち37名の方が出席されました。
(地権者出席率:36%)

市からの説明

 事前に配布した資料をもとに、事業計画案の概要や、事業の予定などを説明しました。主な説明内容についてお知らせします。

 【説明会資料】

1.事業計画案の概要

(1)総事業費

総事業費約80億円
収入国庫補助金約23億円
市費・負担金約57億円
支出工事費約32億円
移転補償費約33億円
減価補償費約3億円
事務費約12億円

※工事費とは、道路や駅前広場等の工事に要する費用です。
※移転補償費とは、建物等の移転に係る費用です。
※減価補償費とは、土地の先行買収に要する費用です。
※事務費とは、職員人件費や一般的な事務費です。

(2)平均減歩率:約13%

 ただし、現時点での個々の宅地の減歩率につきましては、7割以上の方が、5%未満の低い減歩率になることを想定しております。

(3)設計の概要

<1>土地利用計画
  • 北側拠点街区:商業・業務等の高度利用や複合利用を図る街区
  • 南側拠点街区:市民の生活・文化の複合施設及び中高層住宅用地
  • 駅北地区東側:商業・業務・住宅の複合施設用地
  • 駅北地区西側:主に住宅用地
  • 駅南地区:商業用地及び住宅用地

土地利用計画

<2>道路及び駅前広場の整備計画
  • 都市計画道路:地区の内外を連絡する幹線道路、駅環状道路などにより交通が円滑に流れるようにし、歩行者が安全に通行できるように計画
  • 駅前広場:バスやタクシー乗場が適正に確保できる規模及び配置として計画
  • 区画道路:住環境に配慮して適正に配置
  • 歩行者専用道路:駅などへのアクセスのため、緑豊で快適な歩行者空間の創出を計画

※土地区画整理事業区域及び駅前広場、都市計画道路の線形・幅員につきましては、平成18年6月20日付で都市計画決定告示が行われました。

次へ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。