ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

新栄通・中原通道路計画説明会 (平成16年2月19日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月30日更新

1.説明会の目的

写真 新栄通・中原通道路計画説明会の模様

 この道路計画(案)の沿道に居住する方や土地・建物を所有される方を対象に、「江別の顔づくり事業」の概要とこの道路計画(案)、今後の予定の説明を行い、事業推進についてのご理解とご協力をいただくことを目的として実施しました。

日時:平成16年2月19日(木曜日)18時30分から
場所:東野幌体育館(旧サンワークえべつ)会議室

2.説明会の出席状況について

 主として、新栄通、中原通沿道付近の土地・建物を所有している方(87人)と関係する自治会を対象に実施し、33人の出席がありました。

3.説明会の内容

(1)江別市からの説明

  説明は、事前にお送りした資料に基づき、まず「江別の顔づくり事業」の概要と経過について説明したあと、新栄通・中原通の道路計画についての説明をしました。

新栄通・中原通の道路計画について

ア)新栄通・中原通の位置づけについて

 新栄通・中原通は、南北の市街地を連結し、将来の市街地形成の骨格となる重要な幹線道路です。また、地域においては、この道路沿道に東野幌小学校、東野幌体育館、あかしや保育園などの公共施設があり、安全な道路整備が必要です。

イ)新栄通・中原通整備の基本方針について

 新栄通は、現況の道路用地幅が20mと確保されており、既に都市計画幅員18mで整備済みであるため、拡幅整備を予定しておりません。
 中原通は、鉄西線から南大通までの約1km区間を21m幅員に拡幅整備する計画としています。なお、道路の線形は、沿道の土地利用や建物への影響をできるだけ最小限とした計画としています。            

 ウ)今後の予定について
都市計画決定の手続について

 地元説明会などを踏まえ、計画案を作成後に都市計画案の説明会を開催し、皆さんのご理解とご協力が得られれば、法定に基づく都市計画の手続きに入ります。
 都市計画手続きのなかに、都市計画案の公告、案の縦覧があります。その際には、計画案について、意見書を提出することができます。
 案の公告縦覧後、都市計画決定手続きに入り、都市計画決定の告示を行い、手続きを完了いたします。
 手続きの期間は、計画案の作成からおおむね1年間を予定しています。
 現在は、計画案の作成前の段階です。都市計画決定については、平成16年度以降の決定を目指しています。

図表 都市計画決定の流れ

事業期間等について

 都市計画決定や事業実施の手続きが順調に進んだ場合、鉄道高架事業にあわせ、平成17年度以降の事業スタートを目指しています。また、事業期間は、おおむね7年間を想定しています。
 なお、平成16年度は、北海道が「現況道路敷地の確定測量」などの関連調査を予定しています。調査時期につきましては、回覧板などでお知らせしたいと考えていますので、ご協力くださいますようお願いいたします。

(2)質疑応答

  江別市から説明しました事項について、4人の方から質問、意見、要望などを受け、回答いたしました。

<1>道路計画について

質疑内容江別市からの説明
 東野幌小学校付近は、学校敷地に入れない児童送迎車両の駐停車で非常に混雑している状況ですが、中原通の拡幅により学校敷地が今より狭くなることで、さらなる混雑が心配されます。市ではどのように考えているのですか? 事業計画に合わせて教育委員会等とも協議をしながら進めて参りたいと思いますが、整備後の利用実態も踏まえながら、不都合がある場合はその時点で協議をしていきたいと思います。
 道路を拡幅しても除雪による堆雪のため拡幅した効果が薄れると思われます。中原通沿線には東野幌小学校がありますので、子供達の安全確保のためにも流雪溝の設置を提案しますが、いかがでしょう。 中原通の歩道部5.5mの内、1.5mが植樹帯となっていますが、冬期間は堆雪スペースとして活用できるなど、冬期間にも十分対応できると考えています。なお、流雪溝については、水の問題や経費の問題からこの地区での計画は考えていませんので、ご理解ください。

<2>事業スケジュールについて

質疑内容江別市からの説明
 中原通の工事完成までは、どれくらいの期間がかかるのですか? 中原通の工程はまだ具体化していませんが、一般的に考えますと、用地買収や物件移転などに2年から3年かかると思われます。また、総延長が約1kmですので工事自体は年間300m程度ずつ施工しても、おおむね3年ほどで全区間完成すると思われます。なお、工事に関する具体的な内容については、事業を行う時点で詳しくご説明いたします。 (以上、北海道札幌土木現業所より回答)
 道路の計画が大体出来るのは、いつ頃ですか? 平成16年度に入ってから、北海道が現地の測量を行い、その後計画案を固める予定となっています。

<3>道路工事について

質疑内容江別市からの説明
 中原通の工事に際して、迂回路を設けるのですか? 新たに迂回路を設ける場合、更に用地取得などが生じることがありますので、基本的には迂回路を設けずに道路敷地内で工事を行います。なお、工事施工中は、片側交互通行になるため、皆さんにはご不便をおかけしますが、ご協力をお願いします。
(以上、北海道札幌土木現業所より回答)