ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

土地区画整理事業説明会(平成16年2月4日~2月6日 その1)

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月30日更新

写真 説明会の模様 「江別の顔づくり事業」に関わる野幌駅周辺土地区画整理事業の説明会を地区別に3回行いました。
 その内容をお知らせいたします。

市からの説明

1 「江別の顔づくり事業」について

 事業の全体構成や概算の事業費、野幌駅周辺の整備イメージなどについて説明しました。
 なお、土地区画整理事業、連続立体交差事業、街路事業の3つの事業について、都市計画決定の手続きを平成16年度以降に予定しています。

2 区画整理事業の施行区域の変更について

 市では、厳しい財政状況を踏まえて、限られた事業費の中で事業効果が低下しないよう事業手法の見直しを、国・北海道と協議し、検討してきました。
 8丁目通については、北海道の支援を得て、街路事業で拡幅整備を行うよう協議を進めており、沿道の地区は区画整理事業の施行区域から除きます。変更後の施行区域(約10ヘクタール)の詳細などについて説明しました。

3 区画整理事業と街路事業の一般的な比較

 区画整理事業では、個々の宅地を再配置しながら、道路などの用地を生み出し、宅地や道路などを一体的・総合的に整備していきます。
 一方、街路事業では、道路用地として必要な土地を施行者が買い取って、道路の拡幅整備を進めていきます。

4 8丁目通沿いの地区の今後の取扱い

 市では、8丁目通の街路事業について、早期の事業着手が図られるよう、事業主体である北海道との協議を進めていきます。

5 施行区域変更後の区画整理事業の概要

 施行期間は、約15年間(平成17年度から31年度)と計画しています。
 また、事業費は今後具体的な調査などを行い、決定することとなりますが、約80億円と計画しています。
 変更後の区域における平均減歩率は10%から15%位となることが見込まれます。前回の説明会(平成14年7・8月)では、平均減歩率を約10%にしたい旨説明しておりましたが、区域変更に伴って積算が変動しています。
 なお、現時点で平均減歩率の数値に幅があるのは、市が行う先行買収の土地がまだ定まっていないことなどが理由です。今後、事業計画案を作成する中で精査を行い、できるだけ詳しい値を説明したいと考えています。

6 区画整理事業の今後の予定

 平成16年度以降の都市計画決定を目指しています。事業開始後の整備については、鉄道高架の供用開始にあわせて、南北の駅前広場付近や、高架下を通る道路を優先して、順次進めていきたいと考えています。

【検討中】 現時点でのおおむねの工事予定時期

 以下の説明は、あくまでも現時点で検討している予定です。都市計画決定や、以後の手続きの年次により、時期や順序が前後したり、場所が変更になる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
 平成16年度以降に都市計画決定がされた場合の目安としてご覧ください。

おおむねの予定時期道路などの工事を予定している場所
平成20年度から22年度頃南北駅前広場の一部、旭通の一部(鉄西線と鉄東線を結ぶ新設部分)、8丁目通の一部(8丁目踏切付近から鉄道南側の新設部分)など
平成23年度から25年度頃鉄西線、8丁目通、新鉄東線、1号線、南北駅前広場の一部など
平成26年度から28年度頃鉄道沿いの北側で8丁目踏切より札幌側に新設する歩行者専用道路など
平成29年度から31年度頃旭通(鉄西線北側の新設部分とコミュニティ道路として整備する現在の旭通部分)

7 測量への協力のお願い

 平成16年度には、区画整理区域について、地区界(施行区域内と外の境)の調査測量と、計画道路の中心点測量を行う予定です。皆さんの土地に立ち入らせていただくこともありますので、よろしくお願い申しあげます。
 測量に際しては、期間などについて改めて通知いたします。

説明会の出席状況

 今回の説明会は、変更前の施行区域内で、土地を所有している方や土地を借りて建物を所有している方、合わせて173名を対象としてご案内し、このうち60名の方が出席されました。(出席率 34.7%)
 また、変更前の施行区域の近隣の方々などの出席もあり、これらの方々も含めた総出席者は83名でした。

区分対象者出席者数出席率
土地所有者136人50人36.8%
借地権者 37人10人27.0%
173人60人34.7%

次へ