ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

土地区画整理事業説明会(平成13年7月3日~8月7日 その1)

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月30日更新

※このページに記載されている内容は説明会時点の計画に基づくものであり、現在の計画とは異なる部分があります。

 写真 説明会の模様「江別の顔づくり事業」に関わる野幌駅周辺土地区画整理事業の説明会(意見交換会)を平成13年7月3日から8月7日まで、地区別に計10回行いました。
その内容をお知らせいたします。

市からの説明内容

 「江別の顔づくり事業」の流れ平成13年から平成14年にかけて説明会を行い、平成15年度に連続立体交差事業・土地区画整理事業・関連都市計画道路の都市計画決定を考えています。

1 基本計画図(素案)の説明

 駅前広場、都市計画道路、駐車場、駐輪場、拠点街区等の位置付け等について説明しました。

2 連続立体交差事業の説明

 9丁目付近から6丁目付近まで、約2.2kmで鉄道の高架化を行う予定です。平成13年、14年の2か年で北海道が調査を行います。高架化に伴って、6丁目踏切は閉鎖する考えでいます。

3 土地区画整理事業の概要説明

 面積は、約17ヘクタールで、江別市が事業主体となります。総事業費は、約165億円で、15か年かけて平成30年を完成年度と考えています。減歩率は、平均で約15%を想定しています。
 土地所有者はマンションの敷地権者を含め425人です。

説明会の出席状況

区分対象者数出席者数出席率
マンションを除いた土地所有者168人 83人49.4%
マンション所有者237人 22人 9.3%
借地権者及び店舗等の賃借者179人 23人12.8%
584人128人21.9%
次へ