ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

野幌駅舎景観検討委員会について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月30日更新

 平成19年から始まった鉄道高架工事に伴って、JR野幌駅は新しく高架駅へと生まれ変わります。
 市民と学識経験者からなる野幌駅舎景観検討委員会では、新しくなる野幌駅舎のデザイン案について、平成20年1月の意見募集結果を踏まえつつ、機能や景観および駅前広場を含めた空間利用の観点から、検討を重ねてきました。
 その結果、街との連携と共生が感じられ、駅周辺の街並みを誘導するデザインであるとの理由で、意見募集の際に示したC案「ひかりのデザイン」を基本とすることでまとめられました。
 この内容は、平成20年6月23日開催のJR函館本線(野幌駅付近)連続立体交差事業協議会(北海道・JR北海道・江別市で構成)に提言され、協議会で検討した結果、デザイン案は提言どおり、C案を基本とすることを決定しました。
 今後は、寄せられた市民意見や提言の趣旨などについて検討し、駅舎および駅前広場の整備を行うことになります。

 意見募集では、455人の方から貴重なご意見等が寄せられました。大変ありがとうございました。

写真 委員会の様子

提言書

 野幌駅舎景観に関する提言書[PDFファイル/704KB]

資料

 目次[PDFファイル/198KB]

  1. 野幌駅舎景観検討委員会要領(P1~P4)[PDFファイル/203KB]
  2. 野幌駅舎景観検討委員会の開催経過(P5~P8)[PDFファイル/199KB]
  3. 野幌駅舎景観検討委員会 議事録(P9~P46)[PDFファイル/619KB]
  4. 市民意見募集のアンケート結果
  5. 野幌駅景観シンポジウム(P107~P124)[PDFファイル/728KB]
  6. 駅舎デザイン案
  7. 駅前広場計画案

野幌駅舎景観検討委員会事務局

  • 北海道札幌土木現業所事業部道路建設課
  • 江別市建設部都心整備室都心整備課
  • 北海道旅客鉄道(株)地域計画部

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。