ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

土地区画整理事業に係る施行者管理地使用許可申請

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年5月7日更新

施行者管理地とは

 土地区画整理事業の施行地区内において、従前の土地の使用収益停止後に公共用地又は宅地となる用地であり、公共施設の造成又は仮換地指定後に使用収益開始の通知を行うまでは施行者が管理しなければならない期間が発生する土地のことをいいます。ここで言う施行者とは江別市になります。

使用許可申請にあたって

 土地区画整理事業に伴う移転工事等のために施行者管理地の使用許可を受けようとする方は、「施行者管理地使用許可申請書」を施行者に提出していただきます。申請の内容が近接する公道や他の土地利用等、他への支障を来たさないものであり、かつ次の各号のいずれかを満たすと認められるときは施行者管理地の使用許可書を発行します。
 ただし、仮換地の土地利用上、必要不可欠な通行としての使用である場合、又は次の各号のうち土地区画整理事業による使用である場合は申請を省略できる場合があります。

  1. 国、地方公共団体、その他公共団体又は公共的団体の事務遂行上使用させることが必要と認められる場合
  2. 運輸事業、電気、水道、ガス等供給事業、その他公益事業の用に供する使用である場合
  3. 施行者が特に必要があると認める場合

許可申請

 以下の要領により「施行者管理地使用許可申請書」を提出してください。

提出先

 建設部顔づくり推進室区画整理課
(注意:野幌駅周辺土地区画整理事業施行地区内における申請の場合のみとなります。市内の組合施行による土地区画整理事業の保留地については各組合へご相談ください。担当課は建設部開発指導課です。)

提出部数

 申請様式1:1部
 添付図面:2部

添付図面

  1. 位置図(縮尺1,500分の1以上)
  2. 平面図(縮尺100分の1以上)
  3. その他、施行者が必要と認める図面
    ※ 図面は、寸法などが読みとれる縮尺の図面をA4サイズに折り込み、添付すること。

許可申請書などのダウンロード

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。