ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
教育行政執行方針・教育大綱・総合教育会議
教育委員会
各種計画
学校教育
生涯学習・文化・スポーツ
各種制度・手続き
施設
刊行物
その他
施策・評価

少年少女発明クラブ 活動の様子を紹介します!

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月11日更新

少年少女発明クラブとは?

少年少女発明クラブは、集団活動や体験学習により協調性を養い、創造性豊かな子どもを育成することを目的としたものづくり教室です。平成5年から開講し、夏・冬休み期間にコミュニティーセンターで活動していました。平成13年度から江別小学校で通年で教室を開設し、平成28年度から現在の大麻東小学校で活動を行っています。

当クラブはボランティアの指導員の下、市内の小学校3年生から中学校3年生を対象に、主に木工制作や施設見学会など、年間24回の活動を行っています。また、8月と1月の年2回、クラブ員が作品を発表する作品展も開催します。毎年、春に会員を募集しており、平成30年度は23名のクラブ員が楽しみながら活動をしています。

 

活動の様子を紹介します

当クラブは月2回の土曜日に開催し、8月の作品展に向けて5月から制作しています。子ども達は制作にあたり図面から考え、解からないことは指導員に教えてもらいながら、彫刻刀や鋸などいろんな道具を使って作品を作っています。  

                                      

発明クラブ①          発明クラブ②

 指導員から注意事項を聞いています。             指導員からアドバイス…真剣です。

                                         

発明クラブ③          発明クラブ④

 電動ドリル使用中…怪我しないよう気をつけてます。      3年生グループです。完成まであと少し。

 

夏の作品展は8月7日(火曜日)から10日(金曜日)まで、江別市コミュニティーセンターで開催します。                           ぜひ、会場にお越しいただき、クラブ員の作品をご覧ください!