ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 観光情報 > イベント > > 教育委員会 > 生涯学習・文化・スポーツ > 平成29年度 後期ロビー展「入地140周年記念 江別の屯田兵の歩み」
教育行政執行方針・教育大綱・総合教育会議
教育委員会
各種計画
学校教育
生涯学習・文化・スポーツ
各種制度・手続き
施設
刊行物
その他
施策・評価

平成29年度 後期ロビー展「入地140周年記念 江別の屯田兵の歩み」

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月8日更新

            chirashi

開催概要

 平成30年(2018)、屯田兵が江別に入地してから140周年を迎えます。
 江別の地は、石狩川に汽船が遡り、交通の要衝として重要な位置を占めました。また、篠津は養蚕特志兵村として、本道における養蚕試験場の役割も担います。
 本展覧会では、資料館収蔵資料をもとに、屯田兵制度や人々の暮らしに触れ、江別の屯田兵が歩んできた足跡をたどります。

開催期間

 平成29年12月16日(土曜日) から 平成30年3月21日(水曜日・祝日)

場   所

 江別市郷土資料館1階ロビー(江別市緑町西1丁目38番地)

観 覧 料

 無料 *ただし、常設展見学は有料

休 館 日

 月曜日(祝日・振替休日の場合を除く)、祝日・振替休日の翌日(土・日の時は火曜日)、年末年始(12月29日から1月3日)

主な展示資料

nichiro1日露戦争印刷版画 《我軍遼陽城占領之図》

24taieki写真 《第二中隊予備役編入記念》

tondenboushi《屯田兵帽子》