ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育委員会 > 学校教育 > 教育委員会 > 学校教育 > 学校給食センター > 学校給食で使用している主な食品の産地について
教育行政執行方針・教育大綱・総合教育会議
教育委員会
各種計画
学校教育
生涯学習・文化・スポーツ
各種制度・手続き
施設
刊行物
その他
施策・評価

学校給食で使用している主な食品の産地について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月14日更新

 江別市では、地場産野菜を積極的に使用しており、年間を通して50%前後は江別産の野菜となっています。江別産がなければ北海道の野菜を優先して使用しており、江別産を含めた北海道産野菜の使用率は年間70%程度です。

 給食センターでは、平成24年1月から学校給食で使用している主な食品の産地についてお知らせすることにしました。

11月の食材産地

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。