ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 学校教育 > 新教育委員会制度への移行
教育行政執行方針・教育大綱・総合教育会議
教育委員会
各種計画
学校教育
生涯学習・文化・スポーツ
各種制度・手続き
施設
刊行物
その他
施策・評価

新教育委員会制度への移行

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月10日更新

 平成27年4月1日に「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」の一部が改正され、江別市では、平成28年6月30日から教育委員長と教育長を一本化した新体制に移行しました。

 新体制移行に伴い、教育委員長の職が廃止され、平成28年6月29日に開催された教育委員会が、旧制度最後の会議となりました。

 支部委員には、平成27年6月の就任以来、教育委員長として多大なご尽力をいただきました。 平成28年6月30日以降は、教育委員として職務にあたられています。

教育委員長退任挨拶

教育長、委員長執務風景第一小建設現場総合教育会議風景

 この1年間、これからの日本を背負っていく若い世代の育成や、長寿社会の生きがいに繋がる生涯学習の充実など、教育の持つ役割の大きさ、重さを痛感しながら、職務に当たってきたところでございます。 

 浅学菲才 まことに力不足の私ではありましたが三好市長様、市会議員の皆様、 教育委員会の皆様そして、多くの市民の皆様のご指導ご鞭撻、ご支援を賜りながらこの1年間を務めさせていただきましたことを心から感謝し、御礼を申し上げます。  

 新教育委員会制度への移行に伴い、これからは教育委員として、引き続き、職務に当たる所存でありますので、今後ともよろしくお願いいたします。
  

 平成28年6月29日

   教育委員長 支部 英孝