ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育委員会 > 学校教育 > 教育委員会 > 施策・評価 > 学校適正配置の推進 > これまでの適正配置の取り組み(平成21~25年度の計画)
教育行政執行方針・教育大綱・総合教育会議
教育委員会
各種計画
学校教育
生涯学習・文化・スポーツ
各種制度・手続き
施設
刊行物
その他
施策・評価

これまでの適正配置の取り組み(平成21~25年度の計画)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

 江別市の学校適正配置は、平成21年4月に学校適正配置基本計画を策定し、この計画に基づき平成25年度まで進めてきました。 

江別市学校適正配置基本計画の対象校と主な検討経過

 江別市では、少子化の進行による今後小規模化する学校が増え、児童生徒数や学級数が減少していくことにより、教育条件や学校運営にさまざまな課題が生じてくることが見込まれております。

 このため、これらの課題解決に向けて、江別市立小中学校の適正な学校規模の確保を目指した学校適正配置を推進することにより、次代を担う子どもたちにより良い教育環境の整備を進めていきます。

 江別市学校適正配置基本計画の対象校と主な検討経過は、次のとおりです。

江北中学校

 平成20年12月から地域協議会で協議を行い、江北中学校と江別第三中学校の統合についての合意が得られたことから、平成21年9月に、江北中学校統合委員会を設置して協議を行い、同年12月に統合実施計画案が策定されました。この統合実施計画にもとづき、平成23年4月1日に江別第三中学校へ統合しました。

角山小中学校

 平成20年11月に地域協議会が設置され、地元と協議を行ってきましたが平成21年4月に地域協議会が解散し、協議が中断していました。平成24年5月に地元との協議を再開し、平成24年8月に中学校の統合について地域の合意が得られたことから、平成25年4月1日に中央中学校へ統合しました。

江別小学校と江別第三小学校

江別小学校・江別第三小学校地域協議会

 平成22年5月に地域関係者で構成される江別小学校・江別第三小学校適正配置地域協議会が設立され、平成23年2月までに6回の協議を行った結果、両校を統合し校舎を建て替えるとの結論に至りました。

江別小学校・江別第三小学校統合委員会

 平成23年6月に江別小学校・江別第三小学校統合委員会を設置し、平成25年1月まで16回にわたり統合の時期や統合校の場所、校名について協議した結果を受けて、統合実施計画を作成しました。
 平成25年3月に、学校の施設・設備に必要な基本的な機能をまとめた統合校施設整備基本計画を作成しました。

江別小学校江別第三小学校統合校準備委員会

 平成25年6月に、統合校準備委員会を設置し、統合校の開校に必要な事項についての協議を行っております。平成26年6月に統合校の名称が正式決定したことを受け、統合準備委員会も「江別第一小学校開校準備委員会」に改称し、開校までの準備を進めています。

統合校新築基本設計

 江別小学校・江別第三小学校統合校の校舎新築にあたり、基本設計がまとまりました。

学校名決定

 統合校の校名が「江別第一小学校」に決定しました。

リンク

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。