ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ごみ出しに関するお願い【新型コロナ対応】

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年11月19日更新

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大にともない、今一度、次のことにご協力をお願いします。

ごみステーションの管理について

 カラス等に荒らされて路上に散乱したごみにウイルスが付着していた場合、そのごみを片付けた地域の皆さまや収集作業員がウイルスに感染する恐れがあります。
 ごみが散乱しないよう、今一度、ごみステーションの管理とごみの出し方を徹底していただきますようよろしくお願いします。

 カラス被害対策のページはこちら

資源物・危険ごみの出し方について

 きちんと分別されずに出されていることが多く、作業員がごみに触れる機会が増えてしまいます。
 資源物や危険ごみは、次のとおり、品目ごとに袋を分けて出してください。

資源物

 ・ペットボトル
 ・びん、缶
 ・白色トレイ
 ・紙パック
 ※ 資源物は水ですすいでから出してください。
 ※ ペットボトルのキャップとラベルは、はずして燃やせるごみに出してください。
 ※ びんのキャップは、プラスチック製は燃やせるごみ、金属製は燃やせないごみに出してください。

危険ごみ

 ・スプレー缶、ガスカセット缶
 ・蛍光管、HIDランプ
 ・電池類、水銀体温計、水銀温度計、ライター類

使用済みマスクやティッシュなどの捨て方について

 マスクは、市の指定ごみ袋に入れ、飛び出さないように袋の口をきちんと縛って「燃やせるごみ」の日に出してください。
 発熱や咳などの症状がある方が使用したマスクやティッシュは、ポリ袋やレジ袋に入れて、袋の口を縛ってから市の指定ごみ袋に入れるようご協力をお願いします。
 ごみを出された方が、ご家族から感染することを防ぐためには、「ごみに直接触れないこと」や「ごみ出し後の手洗い」が大切です。
 詳しくは、下記の環境省の資料をご確認ください。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のためのごみの出し方新型コロナウイルスなどの感染症対策のためのご家庭でのごみの捨て方