ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 衛生・ごみ > ごみとリサイクル > ごみとリサイクル > 減量化・リサイクル > 「秋からはじめる畑づくり」(生ごみ堆肥化講習会)を開催します

「秋からはじめる畑づくり」(生ごみ堆肥化講習会)を開催します

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月12日更新

 家庭の生ごみを減らす方法を紹介するため、家庭菜園での野菜栽培のコツや、収穫量を増やせる土作りをテーマとした講演「秋からはじめる畑づくり」(生ごみ堆肥化講習会)を、9月30日(土)9時30分より2時間程度、大麻公民館で開催します。

 収穫の秋、家庭菜園では、収穫の終わった野菜の茎や葉などがたくさん出ます。これらをごみとして捨てるのではなく、堆肥の材料にして、来春に向けたよい土作りの方法を解説します。

 また、冬に室内で堆肥を作ることができる「段ボール式容器」「密閉式容器」について、実習を交え解説します。

 参加者には、土作りに役立つ「EMボカシ」をプレゼントします。

 お申し込みは、9月22日(金)まで廃棄物対策課(☎383-4211)へ。

チラシ(秋からはじめる畑づくり)

関連ページ

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。