ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 衛生・ごみ > ごみとリサイクル > ごみとリサイクル > 家庭ごみ・事業ごみ > 家庭からのごみ > 「スプレー缶」などは中身を使い切り、缶に穴をあけず危険ごみに出してください
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 消防・防災・災害・防犯・安全 > 消防・救急 > ごみとリサイクル > 家庭ごみ・事業ごみ > 家庭からのごみ > 「スプレー缶」などは中身を使い切り、缶に穴をあけず危険ごみに出してください

「スプレー缶」などは中身を使い切り、缶に穴をあけず危険ごみに出してください

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年5月15日更新

スプレー缶、ガスカセット缶のごみの出し方に注意しましょう!

パッカー車破裂したスプレー缶

 江別市では、「スプレー缶」や「ガスカセット缶」のごみ処理は、「資源物・危険ごみ」(無料)の回収日に、缶に穴をあけずに出すことになっております。自宅で、缶に穴をあけて残りのガスを出すことは、新たな火災の原因となり、危険ですので、下記のルールに従って処理しましょう。

ライター、スプレー缶・ガスカセット缶の事故を未然に防ぐために

1.できるだけ、中身を使い切る(使いきれない場合は別の袋に入れ、「中身が入っています」と表示します)

2.蓋を外し、缶に穴を開けないでください(爆発する危険性があります)

3.必ず他のものと分けて、それぞれ透明・半透明の中身が分かる袋に入れてください

4.「資源物・危険ごみ」の収集日当日の朝9時までに「ごみステーション」に出しましょう

以上の点に注意して、スプレー缶などを廃棄しましょう。スプレー缶のゴミ出し

詳しい危険ごみの出し方については、「ごみの分別の手引き」の8~9Pをご参照ください。

※ 平成22年10月より資源物と危険ごみの収集日は同じになりました。出し方は、それぞれ今までどおりです。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。