ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

花火で遊ぶときの注意事項について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月30日更新

花火で遊ぶときは燃えやすいものがある場所で遊ばないようにしましょう

 夏休みは子どもたちが開放的になる季節です。
 夏休み期間中、子どもたちが安全で有意義な生活を送ることができるよう、下記の点にご配慮・ご協力をお願いします。
 >>消防署からのお知らせ「花火で遊ぶときは燃えやすいものがある場所で遊ばないようにしましょう」[PDFファイル/425KB]

花火のルールを守りましょう

  • 風の強いときは花火をしない。
  • 子どもだけでなく、大人も一緒に行う。
  • 説明書をよく読み、注意事項を守る。
  • バケツを用意し、遊び終わった花火は必ず水につける。
  • 燃えやすいものがある場所で遊ばない。
    ※火災が発生するおそれがあります。

イラスト:バケツを用意

ライターなどの取り扱いに注意しましょう 

  • ライターなどは施錠できる場所で管理し、子どもの手の届くところに置かない。
  • 子どもが簡単に操作できないライターを使用する。
  • 子どもがライターなどで火遊びをしていたら注意し、すぐにやめさせる。

イラスト:ライターなどの取り扱いに注意しましょう

火遊びをさせない環境づくりをしましょう 

  • 子どもだけを残して外出しない。
  • 子どもに火災の怖さや、火遊びの危険性を教える。
  • 公園などで火遊びをしている子どもをみつけたら注意する。

イラスト:火遊びをさせない環境づくりをしましょう

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
FirefoxなどのブラウザでPDFファイルを開くと、正しく表示されない場合があります。