ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ガソリンをポリ容器に入れないで下さい

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月30日更新

 ガソリン・軽油の販売価格値下げに伴い、ガソリン・軽油の買いだめが予想されます。
ポリ容器を使ってガソリンを保管することは、次の点で非常に危険ですので、絶対に行わないで下さい。

  1.  耐ガソリン性が悪く容器が溶けるおそれがある。 
  2.  静電気がたまりやすく火花放電により着火する場合がある。 
  3.  気密性が低くガソリン蒸気が漏えいしやすい。 
  4.  灯油や水タンクと間違えやすい。 (灯油ストーブにガソリンを誤給油し火災となったケースがあります。) 

ガソリンをポリ容器に入れないで下さい。

詳しくはこちらをご覧ください≫
灯油用ポリ容器にガソリンを入れた場合の火災危険性に関する実験映像(総務省消防庁ホームページ)