ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

2017 消防フェスティバル開催のお知らせ!

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月12日更新

開催日時

平成29年8月5日(土曜日) 午後1時から午後3時まで

開催場所

江別市幸町35番地

イオン北海道(株)イオン江別店 東側屋外駐車場

※悪天候時は規模を縮小し、東側屋外駐車場及び屋内で開催いたします。

イベント内容

午後1時より開会式を行います。開会式では幼年消防クラブによるマーチングバンドや防火宣言、救助隊によるロープ降下の展示や化学車による放水デモを行いますので、ご来場の際は開会式にもご参加ください!

イベントで実施するコーナーは次のとおりです。

※悪天候時や災害発生時には、一部コーナーを中止する場合があります。

はしご車搭乗体験

普段は乗ることができない、はしご車の搭乗体験です。30組限定ですが、この機会にぜひご体験ください。

※はしご車搭乗体験には搭乗券が必要です。搭乗を希望される方に対し当日抽選券を配布します。その後イベント中に3回の抽選を行い、当選者に搭乗券を配布します。

1

放水体験

これぞ消防士の仕事!体験される方がホースを持って、実際に水を出す体験ができます。水が入ったホースの重さ、水を出した時の反動力を体験することができます。ホース等は実際に消防士が使っている物より軽い物を使用していますので、子供から大人までどなたでも体験することができます。

2

ホースボウリング

消火活動時に使用する消防用ホースを伸ばしてボウリングのピンを倒します。

目指せストライク!

火災からの脱出!

このコーナーは、火災を発見してからの「初期消火」「119番通報」「避難」までの一連の動きを体験することができます。消火器は正しく使えるか?119番通報するとどのような感じなのか?煙の充満した部屋はどんな状況なのか?実際に体験して万一に備えましょう。

3

応急手当

119番通報をして救急車が到着するまでの時間は平均で約8分です。心肺停止から何もしないで助かる可能性を低下させるのか、応急処置を行い助かる可能性を少しでも高い状態で維持するのか。心肺蘇生法を覚えて万一に備えましょう。

5

記念写真撮影・消防車、パトカー展示

 救助工作車、水槽付ポンプ自動車、消防ポンプ自動車を展示しております。これらの消防車の中にはどんな資機材が積載してあるのかぜひご覧ください。また今回は江別警察署よりパトカーも来ますので併せてご覧ください。さらに子供用の制服と防火衣や、消防隊員が火災現場で着ている防火衣や呼吸器なども展示しています。実際に着用することができますので重さを体感していただいたり、親子で記念写真を撮影してみてはいかがでしょうか。

6

レスキュー体験

  救助隊が実際に使っている器材の一部を使って救助活動を体験することができます。今回はロープを使って模擬人体(ダミー人形)を引揚げる方法について体験していただきます。

r

住宅用火災警報器相談コーナー

 皆さんの家に設置されている住宅用火災警報器、実は寿命があるんです!家族の命を守る住宅用火災警報器について、この機会にぜひ知識を深めませんか?また消防職員による火災予防相談も行っておりますので、防火に関する疑問などがありましたら、お気軽にご相談ください。

防火クイズ

 防火や消防に関するクイズを用意していますので、ぜひチャレンジしてみてください。正解者の中から抽選で景品を贈呈します。また、抽選に選ばれなかった方にも参加賞を用意しています。景品および参加賞の贈呈は閉会式に行います。