ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス関連情報 > 相談・予防 > 感染予防・注意喚起 > 【北海道の集中対策期間は3月7日で終了】緩むことなく基本的な感染予防の徹底をお願いします

【北海道の集中対策期間は3月7日で終了】緩むことなく基本的な感染予防の徹底をお願いします

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年3月8日更新

国は、1月7日に1都3県(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県)を対象区域とする2度目の緊急事態宣言を発出し、1月13日には2府5県(栃木県・岐阜県・愛知県・京都府・大阪府・兵庫県・福岡県)を対象区域に追加しました。

その後、2月8日に栃木県が解除となり、3月1日には2府4県(岐阜県・愛知県・京都府・大阪府・兵庫県・福岡県)も解除となりましたが、1都3県(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県)の緊急事態宣言は、3月21日まで延長されました。

北海道は、新型コロナウイルス感染症の新規感染者数や入院患者数等の改善傾向が継続していることから、4か月以上にわたり実施した「集中対策期間」を3月7日で終了しました。

この間、市民のみなさまには、感染予防・感染拡大防止にご協力いただき、誠にありがとうございます。

集中対策期間は終了しましたが、3月以降の就職・転勤、卒業・進学等に伴う人の動きや会食機会の増加などといった感染リスクが高まる時期に備え、安心してワクチン接種を受けられる環境づくりを進めることが重要であることから、引き続き緩むことなく、飲食の場面などにおける感染防止に向けた行動の徹底をお願いします。

【市民のみなさまへのお願い】

(1)外出の際には

  • 体調が悪いときには、外出を控える。
  • 重症化リスクの高い方と接する際はリスク回避行動を徹底する。
  • 感染拡大地域への訪問は、行き先などを慎重に検討する。
  • 緊急事態宣言の対象地域との不要不急の往来を控える。

(2)飲食の際には

  • 業種別ガイドラインや新北海道スタイルの実践などを宣言している店舗を利用する。
  • 「黙食」を実践する(食事は4人以内など少人数、短時間で、深酒をせず、大声を出さず、会話の時はマスクを着用)。

(3)職場内では

  • 業種別ガイドラインや新北海道スタイルの実践を進める。
  • 休憩場所など、感染リスクが高い場所での対策を徹底する。
  • テレワークや時差出勤を推進する。

江別市における新型コロナウイルス感染症は、昨年11月に感染が急速に拡大、クラスターが発生するなどして、11月に北海道が居住地江別市として公表した感染者数は74人となりました。
その後、12月は46人、今年に入って1月は35人、2月は14人と減少が続いています。

この間、国が2度目の緊急事態宣言を11都府県に発出し、北海道の集中対策期間が延長されるなど、長期間にわたる感染拡大防止の取り組みとなっていますが、江別市民のみなさまにおかれましては、感染者数の減少に緩むことなく、感染予防を一層徹底し、大切な家族・友人・地域を守る行動をお願いいたします。

123

 

集中対策期間は≪令和3年3月7日(日曜日)で終了しました≫

(1) 令和2年2月28日(金曜日)から令和2年3月19日(木曜日)
北海道独自の緊急事態宣言
(2) 令和2年4月8日(水曜日)から令和2年5月6日(水曜日)
北海道独自の集中対策期間
(3) 令和2年4月16日(木曜日)から令和2年5月25日(月曜日)
国による緊急事態宣言
(4) 令和2年10月28日(水曜日)から令和2年11月10日(火曜日)
北海道の「警戒ステージ2」による集中対策期間
(5) 令和2年11月7日(土曜日)から令和2年11月27日(金曜日)
北海道の「警戒ステージ3」による集中対策期間
(6) 令和2年11月17日(火曜日)から令和2年11月27日(金曜日)
北海道の「札幌市を対象にステージ4相当の強い措置を行う」集中対策期間
(7) 令和2年11月28日(土曜日)から令和2年12月11日(金曜日)
北海道の「札幌市を対象にステージ4相当の強い措置を行う」集中対策期間の延長
(8) 令和2年12月12日(土曜日)から令和3年1月15日(金曜日)
北海道の「札幌市における強い措置を継続する」「旭川市に行動変容の措置を行う」集中対策期間の再延長
(9) 令和2年12月26日(土曜日)から令和3年1月15日(金曜日)
「年末年始における医療崩壊を防ぐため、強い措置を行う」集中対策期間
(10)令和3年1月16日(土曜日)から令和3年2月15日(月曜日)
「国の緊急事態宣言を踏まえ、強い危機感を共有して、集中的に取り組む」集中対策期間
(11)令和3年2月16日(火曜日)から令和3年3月7日(日曜日)
「もう一段、感染を徹底して抑え込むために集中して取り組む」集中対策期間

長期間にわたり、新型コロナウイルス感染症に対する取り組みが続いてきました。

この間、市民の皆さまも、新型コロナウイルスに関する理解や正しい知識を得られ、感染対策が進んできていると思います。

基本的な感染予防に勝る対策はありません。

市民のみなさまにおかれましては、ご自身およびご家族の体調管理に十分注意し、「マスクを着用する」「手を洗う(消毒する)」「発熱等体調に変化がある場合は出勤等を控える」など、基本的な感染症対策を改めて徹底していただきますようお願いいたします。


1345


7