ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 保険・年金 > 国民年金 > 年金を受けている方の住所や受取場所、氏名が変わったときの手続きは
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > こんなときには > 引越し > 年金を受けている方の住所や受取場所、氏名が変わったときの手続きは
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > こんなときには > 高齢・介護 > 年金を受けている方の住所や受取場所、氏名が変わったときの手続きは

年金を受けている方の住所や受取場所、氏名が変わったときの手続きは

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月29日更新

回答

住所や年金の受け取り場所を変えるとき

 「年金受給権者 住所変更届」または「年金受給権者受取機関変更届」を新さっぽろ年金事務所(札幌市厚別区厚別中央2条6-4-30)に提出してください。届け出の用紙は、国保年金課年金担当窓口と市役所大麻出張所に置いています。

 日本年金機構において住民票コードが登録されている方は、住民票の異動情報に基づき登録住所の変更がされますので、届出は原則不要となります。通知書等の送付先と住民票住所が異なる方は、届出の要否につきましてお問い合わせください。(ねんきんダイヤル:0570-05-1165. 「050」で始まる電話でおかけの場合は03-6700-1165)

 海外へ転出される場合、海外の口座へ振り込みを希望される方は、国内居住時と異なり、お手続きが必要です。

  参考:日本年金機構ホームページ

 

氏名が変わったとき

 年金を受けている方の氏名が変わったときは、「年金受給権者氏名変更届」を提出してください。お届けの際は、住民票や戸籍抄本等、変更後の氏名が確認できる書類(※)と、受給している年金の証書をご提出いただきます。氏名変更後、新しい年金証書が発行・送付されます。

(※)届出書類に住民票コードを記載いただくことにより、戸籍抄本や住民票の添付を省略できる場合があります。