ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > 土地・家屋の所有者が亡くなったのですが
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > こんなときには > おくやみ > 土地・家屋の所有者が亡くなったのですが

土地・家屋の所有者が亡くなったのですが

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月1日更新

回答

 固定資産税は原則として1月1日現在の所有権登記名義人に課税することになっているため、土地・家屋の所有者が亡くなった場合の所有権の名義変更には法務局での相続登記等の手続きが必要です(札幌法務局江別出張所、元町34番地の1、電話011-382-2132)。
 事情により相続登記等の手続きを行わない場合は、その土地または家屋を現に所有している方が固定資産税の納税義務者となります(地方税法第343条第2項)。個人の場合、主として相続人がこれに該当します。相続人が複数いる場合は、代表者を選んでいただき、納税することになります。
 なお、「固定資産現所有者届」(「江別市の税金~申請書等ダウンロード」)のページから様式をダウンロードすることができます)を提出していただくことになりますので、資産税課にご相談ください。