ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 保険・年金 > 国民年金 > 結婚や退職などにより配偶者(国民年金第2号被保険者)に扶養されることになったときの手続きは
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > こんなときには > 就職・退職 > 結婚や退職などにより配偶者(国民年金第2号被保険者)に扶養されることになったときの手続きは
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > こんなときには > 結婚・離婚 > 結婚や退職などにより配偶者(国民年金第2号被保険者)に扶養されることになったときの手続きは

結婚や退職などにより配偶者(国民年金第2号被保険者)に扶養されることになったときの手続きは

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月29日更新

回答

 第3号被保険者に変わりますが、配偶者の勤務先の事業主や共済組合が変更手続きを行いますので、自分で届け出る必要はありません。
 なお、結婚してからも勤務を継続し、厚生年金や共済組合に引き続き加入する場合は、第2号被保険者から第3号被保険者への変更はありません。
 関連ページ「国民年金に加入する人」「こんなときは必ず届け出を」のページをごらんください。