ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 保険・年金 > 後期高齢者医療 > 後期高齢者医療制度の方が入院するときの医療費は
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > こんなときには > 高齢・介護 > 後期高齢者医療制度の方が入院するときの医療費は

後期高齢者医療制度の方が入院するときの医療費は

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月1日更新

回答

 1か月の医療費の支払いは、窓口負担1割の方は44,400円,3割の方は約80,100円(80,100円+一定の限度額を超えた医療費の1%)までとなります。食事代や保険適用外のものは、別にお支払いいただきます。

 なお、市民税が非課税世帯の方は,医療費の自己負担額や食事代が減額される「限度額適用・標準負担額減額認定証」を申請により交付しています。交付の対象となるかどうかは、市役所医療助成課で確認できますので、お問合せください。
 「限度額適用・標準負担額減額認定証」の申請は、市役所医療助成課と大麻出張所でできます。ただし、大麻出張所は受付のみで、被保険者証は後日郵送することとなります。なお、ご本人以外の方が手続きをする場合は「ご本人の印鑑(認印可)」と「窓口にいらっしゃる方の身分証明証(免許証など)」が必要です。