ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 保険・年金 > 国民年金 > 国民年金加入者や年金受給者が亡くなった場合の手続きは
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > こんなときには > おくやみ > 国民年金加入者や年金受給者が亡くなった場合の手続きは

国民年金加入者や年金受給者が亡くなった場合の手続きは

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月29日更新

回答

 亡くなった方の年金加入状況により、ご遺族に対し年金給付や一時金支給がある場合があります。また、年金受給者が亡くなった場合は、受給していた年金を停止した上で、未払いの年金(死亡月分まで)をご請求できる場合があります。必要な手続きにつきましては、亡くなった方の基礎年金番号をお手もとにご用意のうえ、ねんきんダイヤル(0570-05-1165. 「050」で始まる電話でおかけの場合は、03-6700-1165) へお問合せください。
 なお、遺族基礎年金・寡婦年金のご請求、死亡一時金請求、遺族基礎年金・障害基礎年金の未支給年金請求のお手続きは、国保年金課年金担当窓口(高砂町6番地 江別市役所本庁舎1階4番窓口 電話011-381-1028)で可能です。

※ 厚生年金・国民年金のほか、共済組合から年金支給を受けていた方が亡くなった場合は、お手続きについて、各共済組合へお問い合わせください。