ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 土地・住宅 > 江別の顔づくり事業 > 建物は定められた移転工法(ひき家、再築、改造)どおりに必ず移転しなければならないのですか

建物は定められた移転工法(ひき家、再築、改造)どおりに必ず移転しなければならないのですか

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月1日更新

回答

 補償費は補償基準に基づき算出します。 建物の配置、構造、従前地と仮換地の位置関係などに基づき移転工法(ひき家、再築、改造)を決定し、建物などの調査により算出した費用を補償します。 その際、支払われる補償費をもって必ずしもその移転工法どおりに移転する必要はありません。
 例えば、新たな建物を建てないことや、異なる移転工法で建築されること、元の建物より規模を大きくしたり、異なる用途の建物を建てることなどは自由です。