ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 税金 > 税金各種証明 > 「所得証明書」や「課税証明書」が必要ですが、受付時間内に本人が窓口に行けません。どのような方法がありますか

「所得証明書」や「課税証明書」が必要ですが、受付時間内に本人が窓口に行けません。どのような方法がありますか

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

回答

 市役所の開庁時間内に来庁出来ない場合には、(1)「代理人が窓口に来て申請する」、(2)「夜間証明交付窓口を利用する」、(3)「郵送で請求する」、(4)「コンビニ交付を利用する」の4つの方法がありますので、いずれかの方法で申請してください。

(1)「代理人が窓口に来て申請する」場合に必要なもの 
 イ 窓口に来られた方の身分を確認できるもの(運転免許証など)
 ロ 本人が自署、押印した委任状                                                                                                   ※ 同居の親族が代理で来る場合は、委任状は必要ありません。

(2) 「夜間証明交付窓口を利用する」場合
 毎週火曜日と木曜日は17時15分から20時まで市役所本庁舎1~3番の戸籍住民課窓口で証明交付窓口を開設しています。
 利用される場合はあらかじめ受付時間(平日の8時45分から17時15分まで)内に電話予約が必要です。
※ 火曜日と木曜日が祝日の場合は開設しません。予約の電話番号 : 011-381-1012 (市民税課直通)

(3) 「郵送で請求する」場合「税務証明書の郵送請求」のページに詳しい説明がありますのでこちらを参照してください。
※ 申請書用紙、委任状は「税に関する申請書等様式ダウンロード」のページから入手することができます。
※ 電話やファクスでの請求はできません。

(4)「コンビニ交付を利用する」場合「税務証明書のコンビニ交付」のページに詳しい説明がありますのでこちらを参照してください。